OCN光への転用の際、デメリットは?

OCN光への転用の際のデメリットについてご紹介します。
また、OCN光への転用を行う事によるメリットに関してもご紹介したいと思います。



フレッツ光を利用中の方がOCN光への転用を行う際、様々なメリットがあります。
最も大きなメリットが、月額料金が安くなると言う点でしょう。
と言うのも、フレッツ光とプロバイダの月額料金をそれぞれ支払っていたものが、OCN光なら合わせて支払う事が出来るからです。(フレッツ光からOCN光への転用。何かデメリットはあるの?を参照)



月額料金が安くなる



通常、回線契約を変更すると、工事費や事務手数料などが新たに掛かってしまうものですが、フレッツ光からOCN光への転用であれば、これらの必要がありません。
フレッツ光の回線をそのまま利用するので、工事費が必要無くなる訳です。
ですから、転用ならば、インターネットや電話のやり取りだけと言う、非常に手軽な手続きで行う事が出来ます。



では、フレッツ光からOCN光への転用を行った場合、何かデメリットはあるのでしょうか?
デメリットとして気を付けておきたいのは3つです。



転用のデメリットはあるの?



まず、転用を行ったら、元には戻せません。
とは言っても、月額料金を安くする為に転用を行うので、わざわざ元に戻すと言う事はあり得無いですが・・・。



契約解除料は不要


二つ目が、プロバイダの契約解除料が掛かると言う点です。
フレッツ光回線自体の違約金は発生しませんが、契約しているプロバイダは解約を行うので、契約解除料が必要となるのです。
ただし、プロバイダの契約更新月のタイミングで転用を行うのであれば、契約解除料は必要ありません。



三つ目が、auひかりのauスマートバリューに該当するような、スマートフォンとのセット割が無いと言う点です。
ですが、OCN光のオプションサービスとして、格安SIMを利用出来ます。
ですから、格安でスマートフォンを利用する事は可能です。



このように、OCN光への転用の際のデメリットは、気を付ければ、あっても無いようなものです。
それよりも、月額料金が安くなるメリットは大きいですから、まだフレッツ光をお使いの方であれば、OCN光への転用をお勧めします。



>>OCN光への転用はこちらから

OCN光への転用、月額料金は?

OCN光への転用で月額料金が安く


フレッツ光からOCN光への転用を行う最大のメリットは、月額料金が安くなると言う点です。
戸建ての契約を例に説明したいと思います。



フレッツ光の場合、月額料金4,700円にプロバイダの使用料金1,000円が合算されて、5,700円請求されていたとします。(実際は、更に、回線工事費が上乗せされます。)
OCN光への転用であれば、これが4,650円で済むのです。



ちなみに、OCN光への新規契約であれば、月額料金は5,100円します。
ですが、フレッツ光回線が元々来ている方であれば、転用と言う形で4,650円に割引きされるのです。



安くてお得!



これは、マンションの場合も同様で、安くインターネットを利用する事が出来ます。

転用は新規契約よりもお得!

冒頭でご紹介した通り、OCN光への転用を行う場合、回線工事は不要です。
と言うのも、フレッツ光を利用時の光回線を、そのまま利用するからです。
ですから、回線工事費を支払う事無く、月額料金を安く抑える事が出来ます。



回線工事



ちなみに、回線工事費はファミリータイプで18,000円マンションタイプであれば15,000円します。
転用であればそれが無料になりますので、かなりのお得感があります。



ただし、フレッツ光を利用していた時の工事費が残っていた場合は、未払い分がそのまま引き継がれます。



回線工事費がそのまま引き継がれる



また、OCN光の新規契約の際、事務手数料として3,000円が必要となります。
ですが、転用と言う形での契約を行う場合、その分が必要ありません。

オプションサービスをそのまま引き継げる

フレッツ光で契約していたオプションサービスですが、OCN光への転用を行った場合、どうなるのか気になる方もいるでしょう。



オプションサービスはそのまま移行


ですが、その心配は不要です。
ひかり電話、フレッツ・テレビ、リモート・サポートサービスと、フレッツ光で加入していたそれぞれのサービスは、OCN光でもそのまま引き継がれます。
ですから、利便性を損なう事無く、OCN光への移行を行う事が出来ます。



このように、フレッツ光からOCN光への転用を行う際、何か大きなデメリットが起こる事はありません。
インターネット環境はそのままに、月額料金を安く抑える事が可能です。



ですから、フレッツ光をご利用中の方は、通信費の節約としてOCN光への転用を検討してみると良いでしょう。
詳しくは、OCN光のサイトにてご確認下さい。



OCN光への転用